大阪市天王寺区生玉町におけるラブホテル街の形成と変容 歴史編

神社の門前に突如として現れる、古代ギリシャ風の列柱。そして、堂々と光る「LOVE」の文字。「生玉 HOTEL LOVE」は、まさに生玉を代表するラブホテルと言えるだろう。大阪の生國魂神社周辺には、このような多くのラブホテルが見られる。
聖と性が隣り合うこの奇妙な景観は、いったいどのようにして生まれたのか。本論文は、地理学の立場から、歴史史料と住宅地図を用いて考察したものである。
※この論文は、京都大学地理学研究会会誌『鯨瞰図』第3号(2018)所収のものを修正し、志学社論文叢書としてKindle化したものである。

目次
Ⅰ はじめに
Ⅱ ラブホテルに関する研究
Ⅲ ラブホテル街形成の歴史的文脈
Ⅳ 現代の生玉
Ⅴ おわりに

ページ上部へ戻る