,

不老不死――仙人の誕生と神仙術

古代中国において、死は単純な「終わり」ではなく、「再生のはじまり」であった。
精神は「鬼」となり、生き続けた。しかし、肉体は朽ちる。
この肉体を不滅のものとしたのが不老不死の「仙人」である。
本書では肉体の保存法にはじまり、仙人の誕生、不老不死を求め狂奔する皇帝たち、
ときに猛毒をも含んださまざまな仙薬、そして房中術など「気」を用いた長寿法についても詳述する。
信用のおけない来世よりも、いつまでも若々しくこの世に永らえたい──
「不老不死」の欲望が多様な神仙術を生み出していくさまを、死生観の変化とともに解き明かしていく。

 

著:大形徹
判型:四六判 224ページ
ISBN:978-4-909868-02-2 C0322
本体価格:2000円
発行:2021年2月19日

志学社通販で購入する

ページ上部へ戻る