書籍

  1. 増補新版 漢帝国と辺境社会

    増補新版 漢帝国と辺境社会

    鮮やかによみがえる「対匈奴最前線」──漢帝国の長城のまもりと、辺境に生きた人びとの姿秦の始皇帝の時代、将軍・蒙恬によって匈奴は豊かなオルドスの牧地から黄河の北へと駆逐された。しかし、秦末の混乱に乗じて冒頓単于は匈奴の勢力を再編・拡大し、あらたに誕生した漢帝国に対して優位に立った。

    続きを読む
  2. 雄略天皇の古代史

    「大悪天皇」か、それとも「有徳天皇」か──。雄略天皇の治世は、おおよそ5世紀後半に比定される。中国史書に「倭国」として登場するこの時期の日本は、各地で巨大な前方後円墳が営まれる古墳時代であり、豪族たちによる激しい権力抗争が繰り広げられていた。

    続きを読む
  3. 藤原仲麻呂政権の基礎的考察

    わが国における律令官僚制政治は、その本格的導入をはかった藤原不比等の孫・仲麻呂に至り、いちおうの完成を見ることとなった。仲麻呂政権は、聖武天皇亡きあと、孝謙天皇の即位後もなお実権を握り続けた光明皇太后の後ろ盾に基づいて成立したものであり、「光明皇太后・仲麻呂政権」とも言いうるものであった。

    続きを読む
  4. 不老不死 仙人の誕生と神仙術

    古代中国において、死は単純な「終わり」ではなく、「再生のはじまり」であった。精神は「鬼」となり、生き続けた。しかし、肉体は朽ちる。この肉体を不滅のものとしたのが不老不死の「仙人」である。

    続きを読む
    • 不老不死 仙人の誕生と神仙術 はコメントを受け付けていません
    • 商品, 書籍
  5. 木簡学入門

    地下から陸続と立ち現れる簡牘帛書等の出土文字史料は、いまや中国古代史を研究するうえで避けて通れないものとなった。まとまった簡牘の獲得は20世紀初頭に始まるが、その研究が本格的に開始され、「木簡学」が提唱されるのは1974年といささか遅れてのことであった。

    続きを読む
  6. 侯景の乱始末記

    激動の中国南北朝時代を独創的に描出した名著、ここに再誕南朝梁の武帝のながきにわたる治世の末に起こり、江南貴族社会を極度の荒廃に陥れることとなった侯景の乱を活写した「南風競わず」。

    続きを読む
  7. 『中国古代史論叢』 續集

    ...

    続きを読む
  8. 『中國古代史論叢』第五集 

    ...

    続きを読む
  9. 『中國古代史論叢』第四集 

    ...

    続きを読む
  10. 『中國古代史論叢』三集

    ...

    続きを読む
ページ上部へ戻る